赤ちゃんがお口になんでも入れるのは* | 名古屋市中村区名駅近く|いろは保育園|託児所

赤ちゃんがお口になんでも入れるのは*

赤ちゃんの時や1〜2歳のお子様は

身の回りにあるものを舐めたり、

お口に入れたりします*

 

あまりに何でもお口に入れちゃうので心配になってしまいますよね。

 

でもお口に入れるのには成長するために必要な

様々な理由があるんです*

 

少しでも理由を知っていると安心できたり

心に余裕がもてたりしますよね。

そこで、こちらで少しご紹介させていただきます♪

 

赤ちゃんや乳幼児のお子様が何でもお口に入れちゃうのは・・・*

 

 

*口に入れて、それがどんな物かを確認している

・生まれたばかりだと、視覚や聴覚よりも味覚が一番器用に働きます。

赤ちゃんはお乳を飲む行動を通して

口のまわりの感覚、筋肉が体のなかで一番最初に発達するため、

モノを判別する際に手や足よりも口が先に出てしまうそうです。

 

・また、その行動で脳が刺激されて、知能も発達していきます。

 

*何でも口に入れて、なめて感触を確かめます。

これは本能であり、成長にとって必要な発達段階なのだそうです*

 

 

*赤ちゃんのうちに色んなものを口に入れたり、舐めたりすることで

様々な菌を口に入れて、耐性を自分の身体で身につけたり腸内環境を整える。

・お母さんのお腹にいる時は無菌状態です。

生まれてから様々な菌に触れるため、耐性をつけていくことで成長する必要があります。

・またお腹のなかも無菌状態のため、

様々な菌を取り入れ、ベストな腸内環境を作っていく上で必要な行為なのです。

 

 

大きくなってくると、目で見て手で触れれば十分かもしれませんが、

赤ちゃんには舐める行為そのものが大切で

そうやって自分の体を無意識に整えていくんです♪

 

そう思うと、日頃の行動が一つずつ成長の証なんだと嬉しくなりますね(o^^o)

 

ただし、小さなものやタバコの吸殻など、口にいれて危険なものがないように

注意する必要がありますので、そこはしっかりと見守っていきたいですね*

 

 

小さな体でたくましく育っていく赤ちゃんに

元気をもらいながら日々新しいことを知っていく、

沢山のことを勉強させていただいてます*

 

 

いろは保育園ではお子様はもちろんの事、

お父さん、お母さんも安心してご利用いただけるように

ご見学や体験保育など行っております*

 

何でもお気軽にご相談、ご連絡くださいませ。

少しでもお力になることが出来れば嬉しいです*

 



お気軽にお問合せください。

ご見学もお承りしております!
お問合せ/ご予約/ご見学

いろは保育園


名古屋市中村区名駅近くの一時お預かり託児所


年中無休/祝日も営業
営業時間:8:30〜16:00
時間外保育:7:30〜8:30、16:00〜19:30

名古屋市中村区名駅南1-3-14
石原ビル2F
TEL:052-526-0021